国産ヒップホップで今、一番ヤバイ男 DOGMA

Dogma

Sponsored

突然ですが…

UR DRESSING ROOM読者の皆さんは、やはり、こんなサイトを見にきてくれているわけですから、

(ヒップホップが好きなのかな?)

と、勝手に思ってます(笑)

かく言う僕も、音楽全般が好きで、中でもヒップホップはメインで聴いているジャンルでございます。

そして今現在、日本のヒップホップが実はめちゃくちゃアツいんですよね。

今日は、そんな国産ヒップホップの中でも、僕が個人的に一番推してるラッパーをご紹介したいと思います。

その名は、DOGMA。

新宿を拠点に活動する、MSC(エム・エス・シー)のメンバーですね。

最近、ちょっとしたビーフに巻き込まれてた漢さんのクルーです。

DOGMA氏は、元々そのMSCの別働隊として、SATELLITEというユニットを組んでいました。

ただ正直、SATELLITE時代は全く知らなかったんですよね。

「DOGMA?誰それ?」

のレベルです。

僕が初めてDOGMA氏を知ったのはこれ。

Daijoubu – Dutch Montana, DOGMA, Junkman (Prod. WATAPACHI & Chaki Zulu) | YouTube




これを見た時点でも、まだそんなにバチッとはハマらなかった。

ただ、なんとなく、

(雰囲気が独特やなー)

ぐらいの感覚でした。

それがもうバチッとハマったのが、これ。

DOGMA / 杉並区 ( Miyamae Suginami City ) | YouTube




もう何度リピートしたかわからんぐらい聴いてます(現在進行形)。

耳に刺さるというよりも、脳を刺されたって感じですね。

何をしてヤバイと定義するか…

それって、ホンマに人それぞれですよね。

ラッパーの場合、ラップスキル(言葉選び・フロー・フリースタイルなど)だったり、ファッションや、生きざまだったり、いろいろあると思います。

僕は基本的に、USの流行を汲んでラップしてるラッパーが好きなんですが、DOGMA氏は別にそっち系のラッパーではありません。

では、なぜそこまでハマったのかを分析したところ、

“得体の知れなさ”と“独特の動き”、そして“世界観”でした。

まず、ラップしてる内容からして、得体が知れないでしょ?(笑)

かといって、絵空事で語ってるような軽さは全くないですしね。

そして、動きについて。

これ、案外軽視されてそうですが、僕はめちゃくちゃ重要視してます。

いくら卓越したスキルがあっても、動きがダサかったりすると、ホンマに残念な気分になりますもんね。

その点DOGMA氏は、自分のキャラを動きでも明確に表現できていると思います。

そして最後の世界観について。

それは、これを見てもらえれば一目瞭然です。

BAKED Presents “Trust No Bitch – DOGMA” (Prod.Flammable) | YouTube


DOGMA氏は、前述の“杉並区”を含め、自身でPVの監督と編集を全て手がけてるんですね。

それだけでも凄いことですが、やはり、イメージを具現化できるということは、

“DOGMAというラッパーがどんなラッパーで、どう見られたいのか”

これが、DOGMA氏の中で完全に仕上がっているからこそでしょう。

ちなみに、そのあたりの才能がなぜ開花しているのかについては、音楽ライター、二木 信さんのインタビューでチラリと垣間見えてたりします。

めちゃくちゃ面白かったので、興味がわいた方はこちらもどうぞ。

東京ヒップホップ界で人気上昇中! 破天荒ラッパー・DOGMAが誕生するまで

逮捕が分岐点となりラップの世界へ…DOGMA流パーティの極意と遊戯

現状、DOGMA名義でのリリースは『gRASS HOUSE』というEP一作だけに留まってますが、間違いなく、国産ヒップホップで今一番ヤバイ男だと断言できます。




“ホット”じゃなくて、“ヤバイ”ですからね。

ここ大事(笑)

フルアルバムがホンマに楽しみなラッパーなので、早く出して欲しいなーと思います。

DOGMAの過去作品・関連アイテムはコチラ

さて、本日はこんな感じでアーティスト紹介してみましたが、音楽ネタは書いてて楽しかったので、今後もたまーに挟んでいきますね。

皆さんも、少しでもDOGMA氏のことが気になったなら、是非一度聴いてみてください。

脳ミソ刺されますよ(笑)

ではではー。

Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です