MOROHA というアーティストが嫌いだ

moroha_top

Sponsored

今朝、YouTubeをサーフィンしてたら、MOROHAの“tomorrow”という曲が目に入りました。

知らない方のために書いておくと、MOROHAは、MCのアフロと、ギターのUKという2人組のアーティストです。

普段、MOROHAはあまり聴かない僕なんですが、MVに俳優の東出 昌大くんが出てたので、

(お、東出くん出てるやん)

と思って、再生…

聴き終わって、すぐさまループ再生。

その後、関連動画から“四文銭”のMVを観て、今、PCのキーボードを叩いています。

てことで、リアルタイムMOROHAに今日はお付き合いください。

まずは、皆さんにも1回こちらを観てほしいなと。

MOROHA『tomorrow』Official Music Video | YouTube


さて…

MVの感想をお伝えする前に、まず、本日のブログタイトルが、何故、“MOROHAというアーティストが嫌いだ”になったのか…

それについて、少しお話ししたいと思います。

僕は、ファッションと同じぐらい音楽が好きです。

ジャンルにこだわらず、雑食でいろんな音楽を聴きます。

それこそ、広く浅くといった感じなので、ルーツを掘るとか、知識的な部分は全く持ち合わせておりません。

ただ単純に、フィーリングさえ合えば、YouTubeやiPodでずっとループして、飽きるまで聴く…

という風な付き合い方をしています。

その中でも、他のジャンルよりちょっとだけヒップホップが好きなんですが、MOROHAはダメなんですよね。

その最たる理由は、

“刺さり過ぎる”

からです。

とにかく、聞き流させてくれない。

BGMになんてもってのほか。

MOROHAの曲を再生している間は、嫌でも対峙させられてしまう。

それは、アフロが吐き出すリリックに対してだったり、UKの叙情的なギターに対してだったり…

そして、ときに自分自身に対してだったりします。

では、そういったことを踏まえて、ここから“tomorrow”の感想をお伝えしていきたいと思います。

“tomorrow”は、MVを観てもわかる通り、アフロの過去の恋愛にフォーカスのあたった曲です。

でも、恋愛はあくまでテーマの1つに過ぎないと僕は感じました。

それよりもこの曲は、今まで歩んできた人生…

(あのとき、もしあっちの道を選んでいたらどうなった…?)

(俺の人生って、本当にこれでよかったのかな…?)

生きていると、誰もがふと考えてしまうそんなことを、圧倒的な熱量で書き出した曲だなと思いました。

これまで20年、30年と人生を重ねてきた人であれば、リリックの中に、必ずどこか自分と重ねてしまう部分が見つかるんじゃないでしょうか?

僕なんかは、東出くんの演技も相まって、聴いてる途中からいろんなことがフラッシュバックして、情緒がやばかったですもんね。

ホンマに、10代のころは、将来の夢とかなくてもただ毎日楽しくて、何でもできると思ってて、一生懸命やってるヤツを斜に見てたこともあります。

でも、20代も後半になれば、自分のポテンシャルもなんとなくわかって、嫌でも現実と向き合わないといけなくなってきて…

そして、挙げ句の果ての30代。

結婚して子供も生まれたら、生きていくため、生活するために、ただ日々黙々と仕事をこなしているという現実。

曲中のアフロの言葉を借りれば、まさに、

“部品をつくる部品になった”

ってやつです。

“諸刃の剣”

じゃないですけど、HPが十分あるときは問題なくても、ホンマに精神的に不安定なときに聴いたら、

(もう、こんな人生疲れたな…)

と、よからぬことを考えてしまいそうなぐらい、グッサグサに刺されました。

それでも、未だに僕は友達と会えば、

「こんなもんじゃ終われへんで!」

と、薄っぺらい根拠のデカイことを言って、この歳になってもハッキリとは見えない、あるのかもわからない可能性にすがって生きています。

“どのツラ下げてどこへ向かうの?
結果的には嘘つきじゃねぇの?
どのツラ下げてどこへ向かうの?
自ら選んで嘘にしたんだ
どのツラ下げてどこへ向かうの?
結果的には嘘つきじゃねぇの?
どのツラ下げてどこへ向かうの?
描いた分消えてなくなった
それでもそのツラ下げて歩いていけよ
最後は嘘になるなよ”


わかってる。

全部わかってるよ。

そのために、今やれることを精一杯やるよ。

泥臭くても、かっこ悪くても…

本気でやってるヤツが一等輝いてるってことは、誰よりもアンタたちが証明してるもんね。

MOROHA『四文銭』Official Music Video | YouTube


いやー、ホンマに眩しいです。

こういう、MOROHAみたいなポエトリースタイルって、ハッキリと好き嫌いが分かれると思うんですが、食わず嫌いせずに、一度じっくり聴いてほしいなと思います。

本当に。

MOROHA OFFICIAL WEB SITEはコチラ

これからも、僕のiPodのプレイリストに、MOROHAが加わることはないでしょう。

ただ、MOROHAのような骨のあるアーティストが、しっかりとチャートに入ってくる…

そんな音楽業界に、早く変わってほしいと切に願っています。

また、MOROHAは今月10月5日(水)に、本日ご紹介した“tomorrow”や“四文銭”を含むニューアルバム、『MOROHA Ⅲ』をリリースしています。



TOWER RECORDS ONLINEでMOROHAの『MOROHA Ⅲ』を探す

MOROHA『MOROHA Ⅲ』

発売日:2016年10月5日(水)
価格:2,484円(税込)
品番:YAVAY-1001

『MOROHA Ⅲ』収録曲:
01. RED
02. それいけ!フライヤーマン
03. 宿命
04. Apollo 11
05. スペシャル
06. VS
07. tomorrow
08. GOLD
09. Salad bowl
10. 四文銭

もし、これを読んで少しでも気になった方がいたら、是非、MOROHAをチェックしてみてください。

あなたにも、必ず、あなたなりの刺さり方をするアーティストだと思います。

MOROHAの過去作品・関連アイテムはコチラ

それでは、本日はこのへんで。

またねー。

Sponsored

「MOROHA というアーティストが嫌いだ」への14件のフィードバック

    1. めぐさん

      コメントありがとうございます。

      “溢れたゴミ箱の底の方に
      あなたが涙拭いたティッシュがある
      食べてやろうかと思いましたが
      その資格がないからやめました”


      曲中のこの一節に、彼女の彼に対する想い…
      そして、どちらが別れの原因を作ったのかが、集約されていると思います。
      彼女にとって、彼との恋愛に区切りをつけることは、相当に辛く、苦しかったことでしょう。
      それでも別れの朝、きまりの悪い表情で見送る彼に、彼女は笑顔を作ってみせる。
      彼女は、本当に最後まで優しくて…
      そして、何よりも彼のことを愛していたんだなと、僕は感じました。

  1. タイトルに反感を覚えて記事見てみましたが、書かれてることが的確すぎてまんまと見入ってしまいました。
    MOROHAのライブを観に行った時、もういっとき行かなくて良いなと思ったし、iPodに曲入れていつでも聴けるように…とはならない。そのくらい一曲一曲の熱量が凄くて、本当に聴き流せないですよね。聞く度にエネルギー搾り取られて辛い、でもこの感覚が好きです。

    1. ゆうみさん

      コメントありがとうございます。

      少しズルいタイトルをつけてしまいましたね(笑)
      でも「嫌いだ」という表現は、僕にとってMOROHAへの最大の賛辞だったりします。

      彼らのように熱量のあるアーティストについて書くときは、僕自身もとてもパワーを使うので、書いたあとはしばらく気が抜けてしまいました。
      今後もオススメしたいアーティストを随時ご紹介していきますので、お時間があれば、また覗いてくださいね。

  2. 歌詞もブログも的確ですね。
    男なら何かしら思い当たることがあるような歌詞。
    私は昨日ラジオで、たまたま聞いて検索してこのページ たどり着き、書き込んでいる自分がこの歌のスパイラルの巻き込まれてるいると思う。久しぶりの感覚でした。ありがとうございます。

    1. ただしさん

      コメントありがとうございます。

      「男なら何かしら思い当たることがあるような歌詞」

      そうなんですよね。
      まさにその通りなんです。
      でも、男だからこそ、最後は嘘になりたくないですよね。
      僕の方こそ、ラジオからの縁でここをご覧いただき、書き込みくださったことに感謝します。

  3. MOROHAの歌詞が刺さりすぎるってすごくわかります。
    音楽で感動して涙を流すなんてこともありますが、MOROHAはそれを超えて涙も出ないです。
    ただただ現実をぶち当てられてる気がして。
    でもアフロの汗だくで歌ってる姿見ると、ああ、自分も頑張らなきゃなと思います。

    1. Kazuさん

      コメントありがとうございます。

      本当に自分も頑張らなきゃという気持ちにさせられますよね。
      僕自身、日々目先のことだけに追われていると、自分の中にあったはずの「熱」をつい忘れてしまいがちになります。
      幾つになっても、MOROHAのような熱を自分自身の中でたぎらせ続けたいですね。

    1. nanaさん

      コメントありがとうございます。

      万人受けしない文章ですいません。
      またnanaさんに刺さるような記事を書けるよう精進しますので、いつでも読みにきてくださいね。

  4. 初見です
    最近MOROHAを知り聴いていました
    記事にとても共感しました
    刺さり過ぎる
    ズバリですね
    もし良かったらこちらを聞いてみてください
    あたしにはこちらも 刺さり過ぎる ので宜しければ

    https://youtu.be/DQ4XU2KjnRk

    1. あやのさん

      コメントありがとうございます。

      記事への共感嬉しく思います。
      『鈴木実貴子ズ』
      聴きましたよ。
      いいですね~!
      すごく好きなタイプのアーティストです。
      歌唱力が特別高いというわけじゃないのに、感情で訴えかけてくる歌い方に持って行かれました。
      現在「なくしたもん」をYouTubeで26回目のリピート中です。
      また、オススメあれば是非教えてください!

      1. お返事ありがとうございます!
        気に入って頂けてよかったです。
        他の曲も良いので聴いてみてくださいね。
        彼らは名古屋でライブハウスをやりながら自分達も活動してるちょっと面白いアーティストなんです。

        共感して頂けるって嬉しいですねー

        1. あやのさん

          あれから少し調べてみたところ『鈴木実貴子』名義で活動していたときは、
          「LOW HIGH WHO?」に所属していたんですね。
          LOW HIGH WHO?は、『不可思議/wonderboy』や『GOMESS』など、大好きなヒップホップアーティストが所属するレーベルだったので、思わぬ共通点に驚きました。
          それと同時に、自分が知らないだけで、面白い音楽はまだまだ眠ってるんだなーと痛感しています。
          「なくしたもん」をもう少しリピートしたら、他の曲も聴いてみますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です