Big Sean Wearing A John Elliott Jacket, Carhartt Hoodie, Yeezy Boots And Goyard Luggage

Big Sean

Sponsored

John Elliottのホワイトデニムジャケット。

デニムジャケットで白ってなかなかセレクトすることはないですよね。

「デニムジャケット一着持っとくか」

ってなったら、まず青系を買うと思います。

でも、Big Seanのように他のアイテムを黒系でまとめると、キレイな着こなしができますね。

Goyardのバッグが差し色で活きてるし。

青系のデニムジャケットをすでに持ってるなら、二着目として選んでみてもいいかもしれません。

さて、今日も気になるファッション用語が出てきましたね。

“差し色”とはなんぞや?

ということですね。

実際僕も、なんとなく理解してるってぐらいなので、改めて一緒に勉強していきましょう。

さし‐いろ【差(し)色】

ファッションやインテリアなどで、主となる色に添えて、変化をつけたり、主色を引き立てたりする色。アクセントカラー。「モノトーンの―として赤のスカーフを合わせる」

引用元:goo国語辞典


これはわかりやすいですね。

今回のBig Seanコーデに当てはめて考えると、ベースカラーの黒、白、ベージュといったモノトーンに対し、Goyardの鮮やかなグリーンが差し色になってるわけです。

注意点としては、

“差し色の占める割合はあくまで小さく”

ってことですかね。

なので、Big Seanのようにカバンを使ったり、キャップやスニーカーといった小物で取り入れてみると、トライしやすいかと思います。

ちょっと一例を…


▼青系コーデに赤のインナーで差したBig Sean▼

Seems like we been everywhere n back… What up doe?

BIGSEANさん(@bigsean)が投稿した写真 –


これは、インナーを差し色として使ったパターンですね。

他に使ってる色がない場合、これぐらい大胆に差しても全然アリという好例です。


▼黒コーデにGoyardのモノグラムを差したBig Sean▼

Vegas we made it! Sean Don 📷 @zenomania

BIGSEANさん(@bigsean)が投稿した写真 –


Yahoo!ショッピングでGoyardのアイテムを探す
楽天市場でGoyardのアイテムを探す
AmazonでGoyardのアイテムを探す

柄で差すってパターンもありますよ。

無地の黒しか使ってないところに、Goyardのモノグラムが映えまくってますね。

柄差しは上級者のイキフンがプンプンしますので、是非取り入れてみてください。

Big Seanのスタイリング一覧ページはコチラ

さてさて…

今日はこんな感じで差し色について書いてみましたが、皆さんも理解が深まりましたか?

このように、差し色はオシャレを楽しむ上で、知っておいて損のないスパイスになりますので、

(なんか今日のコーデは物足りない気がするなー…)

というときには、コショウのごとく、どんどん差していきましょう(笑)

ではではー。

Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です