Pharrell Wearing Brooklyn Machine Works Hoodie, Cactus Plant Flea Market Cap And Timberland Boots

pharrell-wearing-machine-works-sweatshirt

Sponsored

UR DRESSING ROOMも立ち上げから4ヶ月経ちました。

初めたばかりのころは、当然、読者なんて誰一人いない状態なので、何を書いてもレスポンスがありませんでした。

でも、ようやくここ最近になって、読者の方からお問い合わせをいただいたり、記事にコメントをいただいたり、SNSをフォローしていただけたりするようになりました。

本当に嬉しいですし、励みになっています。

ありがとうございます。

大手ファッションサイトから比べると、まだまだハナクソにも満たないサイトですが、

(記事にかける熱量は絶対に負けへん!!)

と誓って日々更新(毎日じゃないですけど)してますので、これからも応援よろしくお願いします。

で、そんな本日は、リリースラッシュも一旦落ち着いた感がありますし、スタイリング紹介をしたいと思います。

ゆっくり読んでいってくださいね。

さて、本日ご紹介するスタイリングは、久しぶりのPharrellさんです。

なんなんでしょうかね…

この、“決して迎合しないけどオシャレ”な感じ。

履いているティンバーの色が物語ってますもんね。

本人は、

「いや、色合わせただけやでー」

ってサラッと言いそうですけど、まず、白のティンバーを普通持ってないからね。

世間一般の6インチティンバー所有者に聞いたら、9割イエローヌバックか黒でしょ?

白といったら、残された1割…

高3とか大学1年生でオシャレに目覚めて、

(これ、周りで誰も履いてないし、もしかして…カッコいいんちゃうか!?)

と訳の分からない理論で買って、いざ履いていったら、

「自分、なんかめっちゃ勢いあるなーww」

ってプークスクスされて、陰で“キング”とか不本意なアダ名で呼ばれ、二度と履いていけなくなるのが白でしょ?(極論)

とまぁ、ここまではいかなくとも、あんまり白のティンバーが選択肢に入ることは少ないですからね。

実際、Pharrellさんは『BEE LINE』でティンバーとのコラボブーツをいっぱい作ってますけど、

(いやいや、その色のティンバー履きこなせるのはアナタだけよ…)

っていうのが多々ありますし(笑)

でも、そう思わせる人って、スゴイですよね。

ブレない芯が1本通ってるってことですから。

Timberlandのブーツ一覧ページはコチラ

では、そろそろスタイリングの詳細についてお話ししていきますよ。

トップスのフーディーは、NYCのバイクショップ『Brooklyn Machine Works』のアパレルですね。

A fine ride, spotted in Brooklyn… #brooklynmachineworks

@brooklynmachineworksが投稿した写真 –



ボディに入った“B”ロゴは、リフレクター仕様になっているので、ライトに照らされると反射します。

このへん、バイクショップらしいこだわりですよね。

続いて、“PLANT”の文字が入ったキャップは、最近、Pharrellさんがお気に入りでよく着用している『Cactus Plant Flea Market』のもの。

ただ、このCactus Plant Flea Marketがクセモノで、情報がほとんどないんですよ…

一説には、Pharrellさんのパーソナルアシスタントを務める、Cynthia Luが関わっているのでは?

と噂されているんですが、いかんせん情報が少なすぎるというか、僕の英語力が不足しすぎているというか、真相はわかりません。

あえてミステリアスにするというマーケティングかもしれませんが(笑)

また、タイトルに記載はしていませんが、デニムは『G-Star RAW』でございます。

Pharrellさんは、今年の2月にG-Star RAWの主要出資者になってますからね。

pharrell-g-star-raw
via: HYPEBEAST


What is RAW? | The G-Star RAW Fall/Winter 2016 Campaign | YouTube

Yahoo!ショッピングでG-Star RAWのデニムを探す
楽天市場でG-Star RAWのデニムを探す

最近はあまり名前を聞かなくなっていたG-Star RAWですが、Pharrellさんとタッグを組んだことで、今後どのようなアクションを起こしていくのか、要注目ですね。

しかしながら、フーディーの首元にしれっとかけてるサングラスもビンテージのCHANELやったり、選んでるアイテムといい、全体の色味といい、とことんPharrell節が効いてます。

“流行りのスタイルにとらわれない”

という意味でも、学ぶべきところは沢山あるなと思いました。

Pharrell Williamsのスタイリング一覧ページはコチラ

さてさて、ここまで書いてきた本日のスタイリング紹介なんですが、冒頭で、

「熱量がー」

とか変にハードルを上げてしまったせいで、1記事書くのにめちゃくちゃ時間がかかってしまいました…

明日から手抜きします。

というのは冗談ですが、明日以降でちょっと、こういったUR DRESSING ROOMの裏話も含め、面白い記事を書きたいなと思ってますので、お楽しみに。

(あ、またハードル上げてしもた…)

それでは、本日はこのへんで。

またねー。

Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です