Supreme × Vans Sk8-Hi Pro & Authentic Pro 今週10月22日(土)リリース!

supreme-x-vans-2016aw-top

Sponsored

“Night Maroon”もめちゃくちゃ早かったですね。

改めて、ポジット人気を再確認しました。

ポチッと購入できた方は、おめでとうございます!

モニター越しに失笑が聞こえてきたので話を変えて…

本日は、ついにきましたよ!

UR DRESSING ROOM初の、Supremeをピックアップさせてもらいます!!(パチパチパチ)

読者の方の中にも、待っていた方は多かったんじゃないでしょうか?

実は、今まで全く取り上げてこなかったのは、ここだけの話、Supreme熱がそんなにないからなんです…

ただ、僕個人にいくら熱がないからとはいえ、ストリートでのSupreme人気は絶大なものがありますよね?

なので、ファッションサイトの端くれとしても、今後、しっかり記事にしていきたいと思います。

もちろん、書くからには適当なことはしませんので、ご安心ください(笑)

では、まいりましょうか。

さて、初のSupreme記事となる今回ピックしたのは、Supreme × Vansのコラボスニーカーでございます。

ベースが、Sk8-Hi ProとAuthentic Proの2種類あるんですが、まずはSk8-Hi Proからご覧ください。

  • supreme-x-vans-sk8-hi-pro-1

Yahoo!ショッピングでSupreme × Vans Sk8-Hiを探す
楽天市場でSupreme × Vans Sk8-Hiを探す
AmazonでSupreme × Vans Sk8-Hiを探す

Vans定番のチェッカーフラッグ柄の中に、Supremeロゴが入ってます。

これ、めちゃくちゃカッコよくないですか?

やっぱSk8-Hi好っきゃわー。

正直、このタイミングでSupremeをピックしたのも、このSk8-Hi Proがあまりにもイイ感じだったからっていう…(笑)

では、これを履いた人と、もし街ですれ違ったらどうなるか…

Acneパターンでちょっとやってみましょうか。

【Supreme × Vansを街なかで見かけたときの正しいリアクション】

前から男の子が歩いてきます。

Vansのチェッカーフラッグ柄っぽいスニーカーがチラチラ見え隠れしています。

(あぁ…人混みでよく見えへんけど、Vansかいな…)

よくある光景なので、さほどテンション上がらず。

男の子が人混みから出てくる。

「Sup × Vansやんけーーーーーー!!抱いてッ!!」(ジュン)

んっ?

なにか勘違いしてる方もいるみたいなので、念のため書いておきますが、最後の(ジュン)は、驚いた側の男の子の名前ですからね?

相田みつをの、

“みつを”

的なことですよ?

UR DRESSING ROOMはコンプライアンスを守った健全なサイトなので、変な勘違いはやめてください(笑)

話が横道にそれて、隣町まで行ってしまったので戻しましょう。

続いては、Authentic Proでございます。

  • supreme-x-vans-authentic-pro-1

Yahoo!ショッピングでSupreme × Vans Authenticを探す
楽天市場でSupreme × Vans Authenticを探す
AmazonでSupreme × Vans Authenticを探す

Authentic Proも、ベースが違うだけで、デザインはSk8-Hi Proと一緒ですね。

いずれも、アッパーはキャンバス地で、青、赤、黒の3色展開となってます。

また、この画像ではちょっと確認しづらいですが、真っ赤なヒールパッチもめちゃくちゃイイ感じ!

こういうレアなスニーカー履いて、惜しげもなくスケボーやってる人がいたら、僕は間違いなく、

「惚れてまうやろ~!!」

ですね(笑)

ちなみに気になる価格は、Sk8-Hi Proが15,120円(税込)。

Authentic Proが14,040円(税込)となり、国内では、今週10月22日(土)から、Supreme直営店オンラインなどで発売予定となっております。

まぁ~、かなりの激戦は必至でしょうから、挑戦される方は頑張ってください!!

Supremeのスタイリング一覧ページはコチラ

さてさて…

こんな感じで、記念すべき初のSupreme記事を書いてきましたが、皆さんどうでしたか?

正直、悪くなかったでしょ?(笑)

まぁ、完全に自画自賛してますが、いざ書いてみると、自分が思っていた以上に書けたので、今後はバンバンSupremeを取り上げていきたいと思います(笑)

とりあえず、これからもUR DRESSING ROOMは枠にとらわれることなく、フレキシブルにどんどん変化していきますので、皆さんも、

「このブランドについて詳しく知りたい!!」

とか、

「これのやり方ってどうしたらいいの?」

などなど…

UR DRESSING ROOMで取り上げてほしい話題があれば、お問い合わせページTwitterFacebookから、どしどしご連絡ください。

「は?そんなん自分でググって?」

と言いたいところをグッとこらえて、笑顔でニッコリ対応しますからね。

安心してください、冗談ですよ(笑)

それでは、本日はこのへんで。

またねー。

Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です