2017年は ゆるふわギャング(Ryugo Ishida & Sophiee) がくる

Yurufuwa Gang

Sponsored

UR DRESSING ROOMでは、これまでもちょこちょこ日本のヒップホップアーティストを紹介してきましたが、最近とにかくカッコいいラッパーが多いです。

クルーで言えばkiLLaとかKANDYTOWNの動向はやはり気になりますし、ピンで言うと、個人的にJinmenusagiがグイグイきてるなと感じています。

そんな豊作な日本のヒップホップ界において、UR DRESSING ROOMが2017年にネクストブレイクすると予想しているヒップホップアーティストが、本日ご紹介する、

“ゆるふわギャング”でございます。

Ryugo IshidaとSophieeの男女デュオなんですが、まぁとにかくブレイク前のウズウズした感じがめちゃくちゃ出てるんですよね(笑)

そこで本日は、

“ゆるふわギャングがブレイクを予感させるハンパない3つの理由”

と題して、具体的に掘り下げていきたいと思いますので、最後までお見逃しなく。

それでは、まいりましょう。

ゆるふわギャングがブレイクを予感させるハンパない3つの理由




その1 応援したくなる感がハンパない


まず初めに、Ryugoくんは茨城県の土浦市出身で、元々DUDE名義でソロアーティストとして活動していて…

ということは、こちらの動画にて補完できますので、一旦ご覧いただきましょう。

INTERVIEW FILE:Ryugo Ishida | Youtube


Ryugo Ishidaを全く知らなかった方も、この動画を見終えると20%ぐらいは好きな気持ちが芽生えたんじゃないでしょうか?(笑)

土浦というローカルな街を抜け出して、広い世界を見たい…

もっと沢山の人に自分の曲を届けたい…

話し方は不器用やけど、その一生懸命さがめちゃくちゃ伝わるというか、Ryugoくんを見てると自然と応援したくなってくるんですよね。

ユーザーにこの気持ちを持たせられるか否かというのは、ブレイクしていく上でとても重要な気がします。

また、動画を見ていただいた前提でネタバレしますが、Sophieeちゃんとはカップルなんですよね。

タトゥーをお互い入れ合ったりと、プライベートでもかなりいい関係なのがわかります。

その2 キャラ立ちがハンパない


続く2つ目のポイントは、“キャラ立ち”です。

ここからは、ゆるふわギャングを構成するRyugo IshidaとSophieeそれぞれの楽曲を紹介しつつ、彼らのキャラ立ちについてお話ししたいと思います。

まずはRyugoくんから。

Ryugo Ishida “YRB” | Youtube



僕が最初に聴いたRyugoくんの曲が、この「YRB」です。

初見はトラックやMVのチープ感にリリックの内容も相まって、

(うわ~…また変なラッパーが出てきたで…)

としか思えなかったんですが、その強烈なキャラクターは印象に残っていて、たま~に聴きに戻るようになったんですね。

そして、そんな可もなく不可もなく…

といった状況で次に聴いたのがこちらの曲です。

Ryugo Ishida – キスはゲロの味 (Official Music Video) | Youtube



もう「キスはゲロの味」というタイトルの付け方からして、主張が激しいでしょ?(笑)

この曲では、クラブから女の子をお持ち帰りしたときのエピソードを歌っているんですが、持ち帰られた女の子役をSophieeちゃんが演じています。

しっとり目のこの曲でも、とにかく2人のキャラクターが全面に出ており、不思議とリピートしてしまう魅力があるんですよね。

いずれの曲も、Ryugoくんの1stアルバム『EverydayIsFlyday』に収録されているので、気になった方はチェックしてみてください。





TOWER RECORDS ONLINEでRyugo Ishidaの『EverydayIsFlyday』を探す

では、続いてSophieeちゃんのキャラ立ちについても見ていきましょう。

まずはソロの「GHOST」から。

Sophiee – GHOST (Japanese Hip Hop Music Video) | Youtube


先に言っておくと、日本で活動するフィメールラッパーで凄いと思える人には、正直まだ出会ったことがありません。

トラックありきでカッコいいなと思ったフィメールラッパーはいましたけどね。

そういう意味では、Sophieeちゃんもまだまだ発展途上といったところです。

でも、キャラ立ちという点においては、これまで見てきたフィメールラッパーの中でも間違いなくトップクラスだと、この「GHOST」のMVを観た時点で感じました。

Elle Teresa & Sophiee / Kunoichi Money [Official Video] | Youtube


こちらはElle Teresaとの合作ですね。

この曲中、Sophieeちゃんは自分のバースで、

“グッチのベルト外すビッチはもちろん私に決まってんでしょ?”

と歌うんですが、これは前述のRyugoくんの楽曲である「YRB」へのアンサーになっていたりします。

この、彼女自身が元々持ち合わせているワードセンスに、更なるスキルが乗ってくると、フィメールラッパーの中では、まず敵なし状態になるんじゃないでしょうか?

そして、そんなキャラの立った者同士…

RyugoくんとSophieeちゃんがタッグを組んだのが、ゆるふわギャングというわけです。

ゆるふわギャング ” FUCKIN CAR “ | Youtube


ゆるふわギャング “Dippin’ Shake” | Youtube


2人のキャラクターが、退廃的なMVの空気感と絶妙なバランスで混ざり合っています。

お互いの声のトーンもすごく合っているので、聴いていて、とても耳心地がいいんですよね。

また、いずれの楽曲でもそうですが、“ゆるふわ”という1つのキーワードを軸にして、2人のキャラクターをより引き立てるトラック・MV構成になっているのが印象的です。

「FUCKIN CAR」のトラックなんか、個人的にめちゃくちゃ好きですし。

後半で転調したときは度肝を抜かれましたもんね(笑)

ゆるふわギャングの過去作品・関連アイテムはコチラ

その3 ディレクターがハンパない



ここまでは、ゆるふわギャングのフロントマンであるRyugoくんとSophieeちゃんを中心に話を進めてきましたが、最後のハンパないは、ディレクターでございます。

間違いなく、ここが1番の核になるでしょう。

ゆるふわギャングをディレクションしているのは、Ryugoくんと同じ茨城県土浦市出身のトラックメイカー、Automatic氏です。

氏は、ゆるふわギャングのトラック制作だけでなく、総合的なプロデュースも行っています。

とにかく今の日本のヒップホップシーンでは、

“いかにして仕掛けるか?”

という、マーケティング戦略を考える人間の役割が非常に重要となっています。

KOHHくんにおける318氏をイメージしていただくと、このディレクターの存在がどれだけ大切かがわかりますよね?

RyugoくんとSophieeちゃんがどれだけキャラ立ちしていたとしても、仕掛ける人間が下手くそであれば、そのキャラクターを殺してしまうことになりかねません。

その点、Automatic氏のディレクション能力はとても優れていると思います。

ゆるふわギャングのアルバム制作にクラウドファンディングを採用するなど、とにかく新しい、まだ誰も触ったことのないところにアプローチして話題を生み出すやり方は、とても斬新だし面白いと感じました。

しかもそのクラウドファンディング自体も大成功に終わってるんで、結果的に一石三鳥ぐらいの成果を得たんじゃないでしょうか?

Automatic氏の言う通り、今後日本のヒップホップ業界でも、ディレクターが専門職になってくる日はそう遠くない気がします。

まとめ


さてさて…

本日はゆるふわギャングをひたすらプッシュし続けてきたわけですが、いかがだったでしょうか?

当然、音楽はどうしても好みの分かれるものなんで、皆さんが皆さん好きになるとは思いませんが、個人的には2017年…

間違いなくゆるふわギャングはブレイクしてくると思っています。

また、ゆるふわギャング関連で、RyugoくんとSophieeちゃんのインタビュー、Automatic氏のインタビュー記事も大変面白かったので、少しでも興味を持った方は下記も合わせてチェックしてみてください。

ゆるふわギャングが突きつけるシーンへの挑戦状「海賊みたいに全部奪って、良いものにしたい」

【FRANK FRIDAY】 ゆるふわギャング / MARS ICE HOUSE

ちなみに、ゆるふわギャングの1stアルバム『MARS ICE HOUSE』は、年明け2017年の1月リリース予定となっております。

引き続き、UR DRESSING ROOMでは動向を追いかけていきますよ!

「Music」のブログを一覧ページからチェック

それでは、本日はこのへんで。

またねー。

Sponsored

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です