2019年7月 YouTube エエ感じのミュージックビデオ(Post Malone、MIYACHI etc…)

2019_7 youtube top

Sponsored

早いもので、もう8月も最終週を迎えますね!

暑さも少しづつ和らいできて、秋の訪れを感じさせます。

てなわけで、本日もやっていきましょう。

恒例の「YouTube エエ感じのミュージックビデオ」のコーナーです。

7月もオシャンから面白い系まで、様々なMVがアップされていたので、しっかりチェックしていってください。

皆さん、夏休みはエンジョイできましたか?

大型フェスもたくさんありましたし、海へ山へと繰り出された方も多いのではないでしょうか?

僕はお盆休み中、友達に誘われて鍾乳洞を見に行ったんですけども、なかなか面白かったですね。

鍾乳洞の入り口に着くまで20分ぐらい山を登らないといけなくて、その時点でかなり汗だくになってしまったんですが、一旦中に入るとめちゃくちゃ涼しくて、


「これは天然の冷蔵庫や~!!」


と、彦摩呂もビックリのベタなコメントが、気付けば口をついて出てしまうほどでした。

鍾乳洞とか、インドアな僕が自発的に行くということはまずないので、誘ってもらえて良かったです。

大自然と戯れる遊びというのも、たまにはいいものですね。

それでは、そろそろ7月のランキングを始めていきましょう!



7月のスタートを切る第5位のMVはこちら!




vividboooy – RELAXING [Official Video] | YouTube




ビジュアルを見た瞬間から、


(あ、好きかも…)


となった、サーファーの父と歌手の母を持つ、1996年東京生まれのvividboooy(ヴィヴィッドボーイ)が7月の第5位にランクイン!

「RELAXING」というタイトル通りのチルアウトな1曲となっております。

vividboooyくんは、以前、Off-white Tokyoのスタッフだったんですね!

2019_7 youtube 01
via: @off____white____tokyo


Off-white Tokyoのインスタをフォローしてるから、絶対目にしていたはずなのに、髪がだいぶロングになっていたこともあり、初見では全く気付きませんでした。

本曲も収録された1stアルバム『SYNCHRONICITY』は、今月8月7日にリリースされたばかり。

ファッションと音楽性の両面で攻めていけるタイプのアーティストなので、引き続き要チェック間違いなしですね。




vividboooyの関連作品はコチラからチェック




高低差ありすぎて耳キーンとなる、7月の第4位はこちら!




J-REXXX – GALFY feat. PizzaLove(Prod.digital ninja 774)【Official Video】 | YouTube



いやはや、PizzaLove(ピザラブ)くんに、まんまとしてやられてしまいました。

これはもうどこをどう切り取っても面白い(笑)

GALFY(ガルフィー)をピックするそのセンスたるや…

僕が10代の頃も、このブランドを着てる人は、例外なくクラッチバッグを片手に肩で風を切って歩いてましたね(笑)

トラップでありながら和を感じるビート。

フックにバチッとハマったワンワンダンス。

そしてなによりも、GALFYを主体としたスタイリングが、完璧な世界観を作り上げています。

また、J-REXXX(ジェイレックス)氏はレゲエDEE-JAYであるにもかかわらず、サクッと3連で乗せてくるあたり、そのスキルの高さが伺えます。

これを機に、また新しい層でGALFYが流行ったら面白いな。




J-REXXXの関連作品はコチラからチェック




さ、続いてまいりましょう7月の第3位!




Chris Brown – No Guidance (Official Video) ft. Drake | YouTube



これまでの2人のイザコザを知っていると、思わず笑みがこぼれてしまうこのMVが、7月の第3位となりました。

Chris Brown(クリス・ブラウン)とDrake(ドレイク)といえば、2012年にRihanna(リアーナ)をめぐってNYのナイトクラブで乱闘騒ぎを起こして以来、長期に渡ってビーフ関係にあったんですよね。

しかしながら、昨年に開催されたDrakeのツアーで2人が共演するなど、ここ最近は、その関係性を修復していると言われていましたが…

このMVを見る限り、完全に仲直りしたみたいですね!

今回のMVについても、ビーフのきっかけとなった乱闘騒ぎに着想を得たかのような、ナイトクラブでのバトルをコミカルに描いています。

Drakeのダサ男演技が意外と板についているので、そこに注目してみてください(笑)




Chris Brownの関連作品はコチラからチェック




7月の第2位は、このタッグが魅せる!!




MIYACHI – MESSIN FEAT. JAY PARK (OFFICIAL VIDEO) | YouTube



今年の7月に、満を持して1stアルバム『WAKARIMASEN』をリリースしたMIYACHI(ミヤチ)が、堂々の第2位!

アルバム収録曲となるこの「MESSIN」では、JAY-Z(ジェイ・Z)のレーベルであるRoc Nation(ロック・ネイション)と契約するアジアのヒップホップスター、JAY PARK(ジェイ・パーク)を客演に迎えています。

MIYACHIくんがナイトクラブで上手くピックした女の子のハートを、颯爽と登場したJAY PARKが一瞬でさらっていくというストーリーが痛快。

ブースで頭を抱えるMIYACHIくんの迫真の演技はオモロ(笑)

また、アルバムアートワークは、「DIESEL(ディーゼル)」や「Supreme(シュプリーム)」、「VLONE(ヴィーロン)」などのファッションブランドとタッグを組む、気鋭の日本人漫画家「JUN INAGAWA(ジュン・イナガワ)」が担当。

そのあたりも要チェックですね!




MIYACHIの関連作品はコチラからチェック




それでは、7月のラストを飾る第1位に輝いたアーティストを発表します!




Post Malone – “Goodbyes” ft. Young Thug (Rated R) | YouTube



7月にアップされたMVの中では、断トツにカッコよかったポスティことPost Malone(ポスト・マローン)のMVが第1位となりました。

『名探偵ピカチュウ』にも出演する若手女優のホープ、Kathryn Newton(キャスリン・ニュートン)演じる1人の女性をめぐり、敵対するグループへ単身乗り込むポスティ。

ナイフを片手にボスと決闘するも、あっけなく刺されて亡くなるところから物語はスタート。

物語の締めくくり、Young Thug(ヤング・サグ)が歌うライブハウスで、言えなかった「さようなら」の気持ちを彼女に伝えるポスティ。


「うん…もう、映画やねこれは!」


そうなんです。

ポスティ自身が、この曲の公開を知らせるためにインスタへ投稿した画像も…


2019_7 youtube 02
via: @postmalone


ご覧のとおり、映画のポスター風になっています。

こういった仕掛けが全く大げさにならないぐらい、楽曲がいいのもポイントですよね。

(お金かけたわりに、曲自体はそんな良くないな…)

というMVも多々ありますが、この曲はそれぞれが相乗効果を生んでいる好例だと思います。




Post Maloneの関連作品はコチラからチェック




あとがき

さて、第12回目となった7月のランキング、皆さん楽しんでいただけましたか?

今回は、かなりバラエティーに富んだMVがチョイスできたかなと個人的に思ってます。

ラッパーにも演技力が求められる時代がきてますね(笑)

7月のその他に注目したMVとしては、SNEEEZE(スニーズ)の「Don’t Touch」、5lack(ゴラック)の「Grind the Brain」あたりかな。

SNEEEZEくんはミックステープ時代からずっと注目してたけど、相変わらずラップ巧者ですね。

あと、上記5lackの楽曲も含め、最近また90sスタイルでラップするアーティストがちょこちょこ出てきましたね。

あえての90sが、今は逆に新鮮味があっていいですね。

他にも100を超えるMVを7月はピックしていますので、気になった方は、UR DRESSING ROOMのYouTubeにてチェックしてください。

チャンネル登録も引き続きお待ちしております!

過去回の振り返りもできる「Music」ブログを一覧ページからチェック

それでは、第13回でまたお会いしましょう。

バイバイ。

Sponsored

「2019年7月 YouTube エエ感じのミュージックビデオ(Post Malone、MIYACHI etc…)」への2件のフィードバック

    1. kさん

      コメントありがとうございます。

      Slackくんは、名義を5lackに変えてから、スラック、ゴラックのいずれも読み方も使っています。
      ここではあえてゴラック名義のみで書かせてもらいました。

k にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です